デリケートゾーンのチクチク感の防ぎ方

デリケートゾーンのチクチク感の防ぎ方

10秒で学ぶ漫画

 

デリケートゾーンのチクチク感の防ぎ方の漫画

 

3分で詳細

 

アンダーヘアの処理後のチクチク、気になりませんか?デリケートゾーンの刺激はそのままにしていると、かゆみやかぶれの原因になってしまうこともあります。チクチク感の防ぎ方をご紹介します。

■処理後にチクチクするのはなぜ?

アンダーヘアのお手入れ後の不快なチクチク感には、いくつかの原因に分かれます。まず1つめは、アンダーヘアの毛先が尖っていること。アンダーヘア専用のケアアイテムを使わないでカットすると、鋭くなってしまった毛先が肌に触れチクチクすることがあります。2つめは、新しい毛が生えそろってくる刺激によるもの。お手入れ直後はなんともないのに、しばらくするとチクチクするのは、伸びてきたアンダーヘアが肌を刺激するために起こります。3つめは、下着の繊維素材によるもの。特に化学繊維の下着は摩擦が強く、デリケートなお肌を傷つけやすいので気をつけましょう。また、下着の縫い目やタグが肌に当たってチクチクする場合もあるので注意が必要です。

■デリケートゾーンのチクチク感ケア

デリケートゾーンのチクチク感を防ぐため、次のことに気をつけてみましょう。

 

▼処理道具を見直す

アンダーヘア専用のケアアイテムを使わないでカットすると、チクチクする刺激やかゆみを感じることが多いようです。チクチク感を防ぎたい場合は熱線で毛先を丸くカットする、専用のヒートカッター(トリマー)などを使うようにしましょう。旅行や記念日、突然のお泊りになったとしても、伸びてきた毛を直ぐに処理できるのがいいですね。また、永久脱毛でチクチクを無くしたい場合は、専門のサロンなどでの脱毛処理もいいでしょう。毛を抜く場合、アンダーヘアは非常にデリケートな部分なので、お手入れのプロに任せるのもよさそうです。わずらわしさから解放され、チクチク感の問題も解決できそうですね。

 

▼アンダーヘア専用トリートメントでケア

処理後のアンダーヘアのチクチクを解消するには、アンダーヘアの質感をふんわり、しなやかにするトリートメント剤によるケアもおすすめです。デリケートゾーンの皮膚や粘膜はとても敏感。トリートメントは天然由来成分や着色料不使用など刺激が少なく、肌に優しいものを選ぶようにしましょう。髪の毛用のトリートメントは少し刺激が強いためデリケートゾーンに使用するのはおすすめできません。必ず、アンダーヘア専用のものを使うようにしましょう。日常的にケアすることで、アンダーヘアのチクチク感を防ぐと同時に柔らかな質感に整えることができます。

 

▼下着は綿、シルク、柔らかいレース素材のものに

デリケートゾーンのチクチクする刺激を軽減するためには、下着選びも大切です。下着は直接肌にふれるため、綿やシルク、柔らかいレースなどなるべく自然の素材で肌への刺激が少ないものを選びましょう。中でもシルクは、通気性、発散性、吸湿性、保湿性に優れているため、肌を快適な状態を保つことができます。また、縫い目がない下着を選ぶ、タグははさみで切り取ってから着用するなどもチクチク対策には良さそうです。

■チクチク感ケアの注意点

アンダーヘア処理後のお肌は非常にデリケート。刺激を受けて乾燥していることが多いので、ケア後に保湿ジェルなどでチクチク感のケアをすることも大切です。かゆみがある場合も、肌を傷つけないように掻かないことが大切です。あまりに強いかゆみがあれば、早めに医師に相談をしましょう。また、下着による摩擦も乾燥している時のほうが起きやすいため、お肌の潤いを保って、下着の刺激からもお肌を守るよう心掛けるといいですね。

デリケートゾーンのチクチク感は、ケア方法に気をつけるだけでも防ぐことができます。 処理方法を見直す、保湿ケアや刺激の少ない下着でお肌の潤いを守るなどして、快適な毎日を過ごしましょう。