デリケートゾーンの正しい洗い方、間違った洗い方

デリケートゾーンの正しい洗い方、間違った洗い方

10秒で学ぶ漫画

 

デリケートゾーンの正しい洗い方、間違った洗い方の漫画

 

3分で詳細

 

女性のボディの構造はとても複雑です。デリケートな部分なだけに「今までちゃんと見たことがない」、「なんとなく洗っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。デリケートゾーンには膣や肛門、尿道口などがあるため、ケアが不十分だとかゆみや黒ずみ、臭いなどの原因になる場合があります。デリケートゾーンを健やかで美しく保つためにも、正しい洗い方でケアを行いましょう。

■デリケートゾーンは汚れが溜まりやすい場所

女性のデリケートゾーンは、ヒダや突起などによって複雑な構造をしています。特に大陰唇と小陰唇の間や、Iラインという大陰唇の間に汚れが溜まりやすいため、表面を洗い流すだけでは、きちんと汚れが落ちていないことがあります。この汚れの正体は恥垢(ちこう)という、べっとりとした白いカス。デリケートゾーンは、おりものや経血、尿や汗などいろいろな分泌物に触れる場所でもあるため、分泌物に雑菌が付着して固まると、ヒダの間に恥垢が溜まってしまうのです。恥垢が溜まると不快な臭いのもとになってしまうので、正しい方法できれいに洗い流すようにしましょう。

■デリケートゾーンの間違った洗い方

デリケートゾーンは「毎日洗っている」という方も、洗い方が間違っていては逆効果になる場合があります。

 

▼間違った洗い方

・入浴時に意識して洗ったことがない
・スポンジやナイロンタオルなどでゴシゴシ洗う
・ボディと同じ石鹸を使って洗っている
・ヒダの間の部分まで洗ったことがない
・熱いお湯で洗い流している
・陰毛の処理をしていない

このような洗い方をしていると、かえって雑菌を増やしたり、黒ずんでしまったりする原因にもなります。恥垢は粘着質の汚れなので、お湯だけではきれいに洗い流すことができません。かといって石鹸やボディソープを直接塗ったり、力を入れて洗ったりするのはNG。ボディ用の石鹸を使うと、膣内のPHバランスが崩れて雑菌が繁殖しやすくなります。また、力を入れてゴシゴシ洗うと色素沈着を起こし、黒ずみの原因になることもあります。アンダーヘアの処理をしていないと、毛に付着した尿や汚れが溜まりやすく、汚れも落ちにくくなります。それでは、正しい洗い方とはどんな方法なのでしょうか。

■デリケートゾーンの正しい洗い方

膣内には自浄作用があり、常に「デーデルライン桿菌(かんきん)」という善玉菌が住み着いていて、雑菌から膣を守っています。通常は酸性に保たれていますが、ボディ用の石鹸を使ってデリケートゾーンを洗うと、体に必要な菌まで洗い流してしまう場合があり、PHバランスが崩れることも。雑菌が侵入して繁殖すると不快な臭いを発生させるだけでなく、膣炎などの病気を招く場合もあるので、正しい方法で洗うようにしましょう。

 

▼正しい洗い方

・デリケートゾーン専用の自然派石鹸を使用し、たっぷりの泡で洗いましょう
・アンダーヘア→性器部分→会陰部分の順番に洗い、前から後ろに向かって洗います
・アンダーヘアは毛根をマッサージするように洗います。
・毛量を減らしたりカットしたりしておくとお手入れがラクになります
・膣の中は基本的には石鹸で洗わなくても大丈夫。気になるときは専用のパックやビデなどを使うのもおすすめです
・ヒダの間に汚れが溜まりやすいので、ヒダを広げるようにし、指の腹でやさしく丁寧に洗いましょう
・最後はすすぎ残しがないように、丁寧にやさしく洗い流します

生理やおりものが多い日は、トイレの温水で洗い流す、ナプキンやおりものシートはこまめに交換するなど、蒸れないようにすることも大切です。

健康でひきしまったデリケートゾーンは、女性の身だしなみの一つともいえます。デリケートな部分だからこそ、正しい方法で毎日ケアをしたいもの。入浴の時にできる方法なので、毎日のボディケアにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。