教えて!デリケートゾーンの脱毛方法

教えて!デリケートゾーンの脱毛方法

10秒で学ぶ漫画

 

教えて!デリケートゾーンの脱毛方法の漫画

 

3分で詳細

 

アンダーヘアのお手入れを怠ると、下着の中が蒸れて嫌な臭いがする原因になってしまうことも。しかし、アンダーヘアのお手入れ方法がいまひとつわからず、自己流で行っているという方も少なくはありません。お肌が薄く敏感な場所だけに、脱毛や除毛は慎重に行わないとお肌のトラブルを招いてしまうことも。アンダーヘアのお手入れには、カミソリや電動シェーバー、ワックスや脱毛クリームなどいろんな方法がありますが、デリケートゾーンのケアを安心して行うためには、どんな方法がいいのでしょうか。

■Vラインの脱毛・除毛方法

▼Vラインの場所

デリケートゾーンを真正面から見たときに、ちょうどショーツで隠れる部分がVラインです。この部分のケアを怠ると、ショーツからゴワゴワの毛がのぞいている、カットした毛がショーツに突き刺さっているなど、見た目にもあまりよくない印象を与えてしまいます。Vラインのケアのポイントは「毛量を減らす」、「短くカットする」ということ。ボリュームを減らすことで下着からはみ出ることもなくなり、お手入れもしやすくなります。


▼おすすめのケア方法

Vラインのヘアは一番目立つ部分なので、形を整えることも大切。カミソリや電動シェーバー、専用のトリマー(ヒートカッター)などを使うとお手入れしやすいです。ハサミでカットする方もいますが、切断面が鋭利になり、チクチクしたり、ショーツからはみ出したりする場合も。ヘアがすぐに伸びるのが気になる方には、脱毛ワックスを使う方法もあります。


▼脱毛・除毛方法

まず、ヒートカッターで毛の長さと分量を調整します。次に形を整えていきますが、シェーバーやカミソリを使用する場合は、保護クリームなどを塗ってから行います。Vラインに蒸しタオルをあてて、毛を柔らかくするのもおすすめです。また、脱毛ワックスは即効性がある反面、強い痛みやお肌に負担がかかる場合も。お肌が弱い方は注意しましょう。


▼注意する点

除毛や脱毛はお肌を清潔にしてから行いましょう。入浴中はお肌が柔らかくなって傷つきやすい場合があるため、入浴後の乾いた状態で行うようにします。

■Iラインの脱毛・除毛方法

▼Iラインの場所

股間の膣周辺の場所がIラインです。見えにくい場所でもあり粘膜近くのため、自己処理が難しいですが、経血やおりものなどが一番付着しやすい場所でもあるので、衛生面からもケアすることをおすすめします。


▼おすすめのケア方法

Iラインは粘膜部分が近くとてもデリケートな場所。少し恥ずかしいかもしれませんが、鏡などで状態を確認しながらケアをすると安心です。Iラインもまず毛量と長さを整えます。Vゾーンほど毛量は多くありませんが、汚れやすい場所なので短めにIライントリマーなどでカットするのもおすすめ。カットするのが難しい時は電気シェーバーなどで剃る方法もあります。


▼注意する点

お肌を清潔にして行うのはもちろんですが、特に敏感な場所なので、抜いたりクリームを使ったりするのは、肌トラブルの原因になる可能性も。傷つけないように慎重に行うようにしましょう。

■Oラインの脱毛・除毛方法

▼Oラインの場所

自分では一番チェックしにくいのがOラインです。肛門周辺の部分ですが、Tバックなどの小さい下着や水着を身に着ける時に、はみ出すことがあるため脱毛や除毛を行います。またOラインを脱毛しておくと、生理の時の処理もラクになる、衛生的に保てるなどのメリットがあります。


▼おすすめのケア方法

Oラインは自分では見えない上に、鏡などでも見えにくい場所。自分で脱毛を行うと肌を傷つけてしまう危険性が高いので、脱毛専門のプロにおまかせする方法をおすすめします。


▼注意する点

自己処理は危険なので専門家にお任せするのが安心です。

アンダーヘアのお手入れは、欧米では女性のエチケットとして当たり前のことと考えられています。自分では気にならなくても、大切なパートナーはあなたのアンダーヘアが気になっているかもしれません。正しい脱毛方法できちんとデリケートゾーンをお手入れしていると、自然と自信も持てるようになるはず。彼へのマナーの一つとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。