水着を着る前のデリケートゾーンケア

水着を着る前のデリケートゾーンケア

10秒で学ぶ漫画

 

水着を着る前のデリケートゾーンケアの漫画

 

3分で詳細

 

夏は肌の露出が増える季節。水着などを着る機会が増えるため、アンダーヘアのお手入れは忘れたくないものです。せっかくかわいい水着を着ていても、お肌の黒ずみが目立ったり、水着からちょろちょろっとアンダーヘアがはみ出したりしてしまっては、気まずい雰囲気になってしまうことも…。また、デリケートゾーンの皮膚は他の場所より角質層が薄いため、間違った方法でケアをすると、色素沈着を起こしたり、お肌を傷めたりする場合があります。水着を着る前にやっておきたい、デリケートゾーンのケア方法をご紹介します。

■水着を着る前のデリケートゾーンケアはここをチェック!

▼アンダーヘアのはみだしをチェック

水着で一番目立ちやすいのがVラインのヘアです。アンダーウェアからヘアがはみ出す場合は、ヒートカッターや電動シェーバーなどで毛の量と長さを調整します。


▼アンダーヘアのボリュームをチェック

毛量が多いとデリケートゾーンがもっさりとした印象に。剛毛の方はヘアがショーツの生地を突き抜けてしまうこともあるようなので、ボリューム感を調整しましょう。毛質が柔らかくなる専用トリートメントなどのアイテムを使うのもおすすめです。ハサミでカットすると毛先が鋭角になってはみ出しやすく、チクチク感も残りやすいので、毛先を丸くカットできるヒートカッターがおすすめです。


▼Vラインの黒ずみをチェック

意外と目につくのがVラインの黒ずみです。Vラインは下着の締め付けなどによって色素沈着を起こすことが原因。日頃から締め付けないような下着を着用するとよいでしょう。黒ずんでしまった時は、黒ずみ専用アイテムでお肌のケアを行います。


▼Vラインの臭いをチェック

水着は小さな布を身に纏うため、デリケートゾーンの臭いケアにも気を配りたいもの。アンダーヘアを整える、正しい洗い方をするなど毎日のケアを意識しましょう。

デリケートゾーンのヘアは、動きによってはみ出して見える場合があるので、事前に水着を着てチェックするようにしましょう。脱毛処理を自分で行うときは、お肌を清潔にし、専用アイテムなどを使ってケアするのがおすすめです。処理の後は専用の保湿ローションやクリームなどでアフターケアも忘れずに。

■ビキニライン(Vライン)のアンダーヘアケアは必須?

Vラインのケアは普段していないという方も、水着を着る時には行いたいものです。また「アンダーヘアをどこまで処理をすればいいかわからない」「全部処理した方がいいの?」と不安に思う方もいらっしゃることでしょう。アンダーヘアは全部カットしなくても、水着からはみ出している部分を中心にケアをすれば大丈夫です。水着の素材や色によってはヘアが透けて見えることもあるので、透けていないか、ボリュームが出すぎてもっこりとしていないかなどのチェックもしておくと安心です。

■Vライン周辺の黒ずみ、気になっていませんか?

体に合っていないサイズの下着を身に着けたり、締め付けがある下着やパンツなどを頻繁に履いたりすると、脚の付け根部分が黒ずんでしまうことがあります。また、脱毛ケアの時の炎症や、かぶれや湿疹などでも肌トラブルが起こります。屋内では気付かなくても、太陽の日差しの下ではクリアに見えて目立ってしまうことも。自信を持って水着を着こなすためにも、アンダーヘアや黒ずみのケアは欠かせないのです。

■処理後の注意ポイント

デリケートゾーンのケアは、肌トラブルが起こる可能性も考慮して、数日前から準備をしておくのがおすすめです。前日や当日などにケアをして肌トラブルを起こさないように注意しましょう。また、ケア後は水着を再度着用して、ヘアのはみ出しチェックをお忘れなく。

海やプールではアクティブに楽しみたいものです。気になる男性の前で水着のはみ出しが気になって思うように楽しめなかった、ということがないように、事前のチェックを行っておきたいですね。